ワンクリック詐欺への対処法

ワンクリック詐欺という言葉はよくニュースなどでも取り上げられています。
男性の中には、下心があってエッチな動画が見たいからとネットサーフィンをし、エッチな動画サイトを見つけるということが何度かあるでしょう。
ではワンクリック詐欺の手口を見てみましょう。
色々なURLをたどって、エッチなサイトにたどりつき、いざ動画を見ようとすると、ページが点滅していることがあります。
するとそこに「会員登録ありがとうございます」というような文言が現れ、あなたのパソコンのIPアドレス、プロバイダーなどの情報が表示されているのです。
下にスクロールすると、利用期間30日につき料金30万円、などと書かれ、3日以内に以下の口座に振り込んでくださいなどと書かれているのです。
これがワンクリック詐欺の手法なのです。
1日遅れると1日に付き1万円の遅延料金が加算されていく、自宅や職場にも連絡するといったような脅し文句もしっかりと書かれています。
このようなワンクリック詐欺の中には、無料ですよといっているセフレ募集掲示板も非常に多く見られ、即エッチや即会いという言葉を見てついふらふらと登録ボタンをクリックしてしまうと、こうしたページが出てくることもあるのです。
ではこの詐欺にはどう対処すればいいのかというと、基本的には無視です。
パソコンなどの情報から個人情報を割り出すのはまず出来ませんし、ここで焦って自分から連絡を取ろうものなら相手も脅迫することのプロですから、余計な個人情報を相手にあたえてしまいかねないのです。
すると詐欺集団からはカモとして認識され、このようなワンクリック詐欺などの詐欺のターゲットにされてしまうのです。
ですからこのような詐欺に対しては、無視するのが一番の方法なのです。

スパムメールについての理解

ある日突然たくさんのスパムメールが送られてきてしまうようになったことはありませんか。
メールが生活の一部に溶け込むようになってからずっと、スパムメールは非常に大きな問題として扱われてきました。
ほとんどの送り主がエッチなサイトや、通信販売サイトということが多いようですね。
ではなぜパムメールがなくならないのかというと、それは少なからず消費者がメールを見て行動を起こすからなのです。
たとえばスパムメールにあるURLからアクセスすると、あなたのメールアドレスにフラグが立ちます。
そのスパムメールの内容がエッチ系であれば、このメールアドレスの主はエッチなことに興味があると認識されてしまうのです。
するとまったく違うサイトからもスパムメールが届くようになるのです。
特に携帯電話のメールアドレスは、高い値段で売買されています。
これは携帯電話のアドレスが簡単に変更できないということもあるためですから、利用者側も取扱には気をつけなければなりません。
たとえばセフレ募集掲示板の利用規約を見ると、セフレ募集掲示板に登録したら提携企業と個人情報を共有し、サービス情報などを利用者に送るといったようなことが書かれているサイトがあります。
これはどういうことかというと、メールアドレスの売買が簡単に行われているということになるのです。
スパムメール対策などのためにも、簡単にサイトには登録しないように気をつけましょう。

どう変わってほしいか

私が現在結婚をしているのですが、まだ独身だったことにはセフレ募集掲示板というものを利用した経験もあります。
なので、最近のセフレ募集掲示板の現状をみてあのときと比べるとだいぶ利用者が多くなっていて、出会いが難しいだろうなといった印象を持ちます。
過去の私がセフレ募集掲示板を利用していたときというのは今のような登録はいませんでしたので、出会いもそれほど難しくありませんでした。
なので、私も数多くの相手と出会うことができましたし、関係を持つことができました。
そんなセフレ募集掲示板利用者の先輩として言わせてもらったらこれからのセフレ募集掲示板は有料サイトが登場していったほうがいいかと思います。
もちろん無料のサイトのほうが気軽に利用できるといったメリットがあるのですが、それだとライバルが多すぎてあまり出会いに発展しないということが課題となります。
ですから、有料のサイトであれば登録する人の数は無料のサイトよりは減るでしょうし、それだけ出会いの確率というものは高くなるといえるでしょう。
そうすることによって素敵なセフレと出会えるかもしれませんし、さらにVIP会員などもあってもいいかもしれませんね。
今ではこうしたセフレ募集掲示板などはインターネットで飽和しているような状態になっていますから、過酷な競争というものが行われているはずです。
そのために無料のサイトのほうが人気が高いためにどんどん増えているのですが、本当に会員の希望を叶えるためにはここは有料のサイトで確率を上げるというほうがいいのではないかと個人的には感じています。

また会う為に

僕は現在一応社会人3年目なんですが、これまで一切彼女というものを作ってきませんでした。
もちろん男性ですから女性に興味はあるのですが、この会社に入社してからはまず仕事に慣れるということに精一杯で仕事以外のことを考える余裕がありませんでした。
ですが、3年目となり、ある程度時間の余裕も作れてきた今、彼女が欲しいなと強く思うようになりました。
ですが、長いこと恋愛というものをしてきませんでしたし、そういった出会いというものもなかったので正直なところいったいどういった手順で彼女を作ったらいいのかがわかりませんでした。
そこで友人に薦められるかたちでセフレ募集掲示板に登録してとりあえず女性に対しての免疫というものをつけるようにしました。
こうしたセフレ募集掲示板においても女性経験がほとんどないに等しい自分としてはかなり緊張をしたのですが、そこで出会った女性がリードしてくれて久しぶりに楽しい時間をすごすことができるようになりました。
それ以来すっかりセフレ募集掲示板にハマり、有意義に楽しんでいます。
そうやって楽しんでセフレという関係を持っている女性のなかに実は恋をしてしまった相手がいます。
ただ、僕もはじめはそうでしたし、相手もセフレだと割り切ってお付き合いをしているわけですから、告白をする勇気もないですし、もし告白してその女性と疎遠になるのも恐れています。
やっぱり彼女を作るのって難しいもんですね。

サクラについて

厄介なサクラはセフレ募集掲示板にもいます。
サクラがいるのは、無料のサイトや、ポイント制などの従量課金制サイトがほとんどだといわれています。
最近はサクラも手口をあれこれ変えてきており、男心をくすぐるようなものが多いので、見極めも難しくなります。
単純に分かりやすいのは、浸かっているのが無料のサイトであれば「こっちのサイトで話そう」と誘い込み、その誘われた先のサイトが有料だったという場合。
よく考えてみれば、無料で今話せているのに、有料でお金を支払って話さなければならないという意味が分かりません。
ですがコミュニケーションが盛り上がっているとこのようなことは考えられず、有料でもいいやと思ってしまうようです。
これがサクラがサクラといわれる理由なのです。
たとえば女性が自分の弱い部分や弱点を見せてくる場合です。
どのような弱点かというと、メールの添付ファイルに可愛い写真を使ってきたり、寂しさや会いたいという気持ちを強調してくる女性です。
このような女性から送られてきたメールであれば「すぐ会える」「エッチできる」と思わされてしまうのです。
このように相手の心理に漬け込んで自分に夢中にさせておいて、お金をつぎこむように仕掛けていくのです。
中には会える直前までいって、援助交際をネタとしてゆすりをかけてきたり、相手に「事故にあった」などといって金銭を要求してくるような振り込め詐欺へと発展してくるパターンもあります。